Ɠe

ホーム > 事業内容 > 落石防護事業部門

落石防護事業部門

高エネルギー吸収柵

ハイパワーフェンス工法(国土交通省NETIS登録、HR-010009)

HRF工法
HRF工法
高エネルギー吸収落石防護柵

1,000KJ程度の負荷に耐えられる強度を持ち従来の工法より、シンプルな施工・低価格・工期縮減を提供できます。
エネルギー吸収能力に優れた種々の支柱は全て連結が可能であり、比較的軟弱な地盤にも設置できるため、一連の設計・施工が容易です。
さらに、ワイヤーにつけた分散維持装置の三次元挙動により、落石の衝突エネルギーを支柱間(標準6m)で全て吸収します。

PCF工法
PCF工法
高エネルギー吸収落石防護柵

250KJレベルの落石にも対応可能、斜面上に大口径ボーリング工により支柱を建て込む施工もでき、ST装置がワイヤーロープを締めつけ、鍛造品の精度によるトルク管理も不要(当たり締めの管理を採)な工法です。
既設の落石防護柵(ロックフェンス)の基礎も使用可能で、シンプルさと頑強さを併せ持ち、コスト面でも社会貢献できる工法です。

HSF工法
HSF工法
雪崩・落石兼用柵

250KJレベルの落石にも対応可能な「雪崩・落石兼用防護柵」としての能力を持っています。支柱を鉛直に建てる構造なので、雪庇ができにくく雪崩の危険性も少なくなります。
また、控え装置により落石や雪崩の衝撃で支柱が変位しても、ロックボルトが抜けない構造なので、安全です。

RCF工法
RCF工法
新・落石防護システム

崩落した石や岩の衝撃を構造物上の緩衝材で吸収した上で、落下物の更なる崩落を強力なフェンスで食い止める、ハイブリッドなダブル緩衝構造システムです。
広範な現場条件に対応できるフレキシビリティと、5,000KJもの落石エネルギーに対応する強度の技術のコラボレーションをお確かめください。

HEF工法
HEF工法
崩壊土砂防止柵

急峻で軟弱地盤等の種々の地層を持つ我が国の地盤に対し、従来のコンクリート擁壁工などの工法に比べ掘削も対策範囲も最小限にできるので、地域環境への配慮と共に施工/費用/部材構成はセーフティ・リーズナブル・スレンダーの高性能さを余すところなく発揮する、まさに崩壊土砂防護システムの決定版です。

イージーネット工法(国土交通省NETIS登録、HP-050024-A)

スタンダードタイプ
スタンダードタイプ

斜面上に建てた鋼製の支柱間にワイヤロープを張り、PEネットを設置する形式。
山側にアンカーを打設し、控えロープにて支柱と接続する構造である。

マルチタイプ
マルチタイプ

斜面上に存在する自然の立木間にエースラインを張り、PEネットを設置する形式。
適当な間隔に立木がない場合は、補助支柱を用いて設置する。

カバータイプ
カバータイプ

発生源の浮石や転石をPEネット、繊維ロープを用いて覆う形式。
PEネットはアンカーにて斜面に固定する。
植生工併用で、景観に配慮できる。

落石エネルギーとハイパワーフェンス工法の使用区分

落石エネルギーとハイパワーフェンス工法の使用区分
事業内容TOP
三共スチール株式会社
〒550-0004
大阪市西区靱本町1-20-13
なにわ筋ビル3階
TEL. 06-6447-0101
FAX. 06-6447-0120
メールでのお問い合わせはこちら